ひと目見て「あの人キレイ!」と感じる人っていますよね。そういう人には共通点が!そのひとつが、眉と目の距離が近いこと。眉と目の距離が離れていると、すこしのっぺりとした印象に見えるのに対し、近ければ近いほど彫りが深く見え、キリッと凛々しい美人顔に見えるんです。
アイプチで二重にしたり、眉毛の下のラインを処理しすぎないようにしたり、まぶたにグラデーションをつけたりと、アイメークで眉と目を近づけて見せることはできますが、さらに“眉筋”を鍛えるエクササイズをプラスすれば、よりいっそう彫りの深い目元美人に近づけます。やり方はとっても簡単。さっそく実践してみましょう!

 

まずはマッサージで眉まわりのコリをほぐす

PCやスマホで目を酷使する現代人は、眉まわりにコリが溜まりがち。エクササイズ効率があがるよう、マッサージで十分に揉みほぐしておきましょう。

(1)眉の上のラインに指を3本あて、上下に小刻みに動かしほぐします。

(2)親指と人差し指で眉をつまみ、眉頭から眉尻までまんべんなくコリをもみほぐします。

 

眉筋トレーニングで“彫り感”UP

眉まわりの筋肉を鍛えることで、眉に立体感が生まれ彫りの深さがUP。さらにまぶたのたるみを防ぐこともできて、よりキリッとシャープな目元美人に。

 


(1)目を閉じた状態のまま、ゆっくり眉を引き上げます。

(2)上まぶたがしっかり伸びていることを感じながら8秒キープ。

(3)ゆっくり元の状態に戻します。これを1日2回、5セットずつ行いましょう。

 

目ヂカラUPエクサで、さらに眉と目の距離を狭く

さらに目をぱっちりさせるエクササイズを加えると、より眉と目の距離が狭く見えます。特に“ウインク”は目ヂカラのカギを握る眼輪筋を効率よく刺激することができるので、毎日ちょこちょこ動かしておきましょう。

(1)両目をぎゅっと閉じて10秒キープしたら、ゆっくり開いてまたぎゅっと閉じる。これを5回繰り返します。

(2)今度は片目ずつウインクを。ぎゅっと目を閉じて10秒間キープしたら、ゆっくり開いてまたぎゅっと閉じる。

これを各5〜10回ずつ繰り返します。
メークだけに頼るとケバく暑苦しく見えてしまいがちなので、眉筋トレーニングと同時進行で行うことがおすすめです。自然な美人顔を目指せるので、ぜひお試しを!

Leave a Response