ニットワンピースは、ふわふわであたたかくて、着回し力も抜群で、女性らしさを出してくれる冬のモテ服。
でも、体のラインを強調するので着膨れも気になるところ。
ニットワンピースは着方や選び方で、体型の見え方が大きく変わってしまいます。
体型が気になる方もポイントをおさえれば、ニットワンピースをスタイル良くかわいく着こなすことができます。
ニットワンピースを着るとき、着膨れしないポイントや着やせして見えるコーディネイトを紹介します。

 

‪ニットワンピース: earth music&ecology ‬
‪ファー :JURIANOJURRIE ‬
‪ベルト :UNTITTLE ‬

 

ニットワンピース着膨れしないコーデ 

 

 

ベルトでウエストマーク

くびれの無いゆったりとしたニットワンピースを1枚で着ると、寸胴に見えてしまうこともあります。ニットワンピースに違う色のベルトを付けるだけで、ウエストが引き締まって見え、女性らしいシルエットになります。また、腰の位置が高く見えて、脚長効果もあります。胸やお尻は膨れて見えてウエストは絞られているので砂時計体型に見えてスタイルがよく見えるのです。特に、飾り編みなど太めに見えるニットワンピースはベルトでウエストを強調するとスッキリとした着こなしにできます。シャツを腰巻きしてウエストマークするのも、かわいくあか抜けた印象になります。

 

小物で縦ラインを強調

ストールを首から垂らしたりロングのネックレスをつけると、Iラインができ、縦長に見せる効果があります。
縦ラインを強調することで、スッキリ引き締まって見えます。
上の写真のような、パールネックレスをつけると大人っぽい印象になります。
大ぶりのジュエリーをつけるとゴージャスな印象になります。

 

色でスッキリ見せる

赤や黄色、白、パステルカラーは王道のモテカラーですが、膨張色なので着ぶくれして見えます。
特にモヘアのニットは膨張して見えてしまうので注意しましょう。
ダーク系の引き締め効果のある色、紺色など着ぶくれしない色を選ぶと、スッキリとした印象になります。
暖色系が着たいときは、キャメルなど暗めの茶色やボルドーを選びましょう。ダークオレンジとか、黄色系ならマスタード、ピンクでもパステルじゃなくてビビッドなショッキングピンクを選ぶとか、暗めのダスティピンクなんかも大人っぽくスマートに着こなせます。

膨張しやすい色のニットは黒などと組み合わせて引き締めましょう。