メイクに欠かせないアイテムといえば「メイクブラシ」。
きちんとお手入れしていますか?
「洗い方がわからないから、買ってから1度も洗ってない!」
「最近ブラシが汚いせいか、メイクのりが悪い」。
そのような事態に陥っている方少なくないと思います。
メイクブラシを洗うのって、本当に面倒くさいんですよね…。

そこで、簡単にできそうなメイクブラシの洗い方を調査・検証してみました。

 

メイクブラシの洗い方

メイクブラシを洗う前にブラッシングをする

フェイスブラシやチークブラシなどの大きめのブラシは、洗う前にブラシやコームを使ってとかしましょう。

根元から一気に先端に向けてブラッシングすると、毛が切れてしまう場合があるので、少しずつほぐすようにときます。

 

中性洗剤を使ったメイクブラシの洗い方

①ぬるま湯に中性洗剤を数滴入れ、薄く溶かします。

②ブラシの根元から筆先の部分を、中性洗剤を薄く溶かしたぬるま湯に浸け、軽く振り洗いします。できるだけ金属部分まで浸けないよう気を付けましょう。

③その後、洗剤の泡が立たなくなるまで十分にすすぎます。

ぬるま湯につけると、じわじわとファンデーションの汚れがでてきます!
中性洗剤は、身近にあるアイテムなので、「ブラシを洗おう!」と思ったときにすぐ洗えます。価格が手ごろなのでコストパフォーマンスに優れています。
ただ、ぬるま湯と中性洗剤の量を調整しなければいけないので、少し面倒に感じます。。。

 

無水エタノールを使ったメイクブラシの洗い方

無水エタノールはドラッグストアにて、1300円ほどで購入できます。

①容器に無水エタノールを少し注ぎ入れます。
このとき、必要以上にブラシがエタノールを吸ってしまうと、傷みやすくなるので、ブラシが吸い上げて少し余る程度の量を使用しましょう。

②無水エタノールにブラシをつけ、少し動かしながら汚れを落とします。

エタノールにブラシをつけた瞬間、チークの色が水面に広がり、どんどん汚れが落ちていきますよ!
中性洗剤以上の汚れ落ちに感動しますよ。
また、ぬるま湯で洗ったメイクブラシと比べると、乾くのが早いので、忙しい方や洗った翌日にはブラシを使用したい方におすすめの洗い方だと思います。
ただ、チークの色がでなくなるまで、無水エタノールを3~4回入れ替えなければいけなかったので、コストパフォーマンスはそれほど良くないかもしれません。

 

いかがでしたか?
清潔なメイクブラシでメイクをすれば、いつも以上に美しく仕上がりますよ。自分に合った洗い方でメイクブラシを洗って、毎日気持ちよくメイクをしましょう!

Leave a Response