ドラッグストアやバラエティショップなどで、お手軽&お手頃に購入することができるベビーパウダー。「ベビー」というのは名ばかりで、大人の女性にもとってもお役立ちなアイテムだということをご存知ですか?

 

実は大人も使える!ベビーパウダーの効果と意外な使い道

日本におけるベビーパウダーの歴史は江戸時代にもさかのぼるといわれています。当時は今のようにクーラーや扇風機などもなく、汗疹(あせも)になってしまう赤ちゃんが多かったそう。汗疹を防ぐため、お風呂上りの赤ちゃんの肌に葛の粉や天花粉などを塗布することが生活の知恵として広まったのが、ベビーパウダーのはじまりだとか。

では、今でもベビーパウダーは赤ちゃんのためだけのものなのでしょうか。

答えはNO!です!!

実は、ベビーパウダーは大人の女性にもマルチに使える、プチプラお役立ちアイテムなのです。そこで今回は、ベビーパウダーの成分、そしてお役立ち活用術を解説します。

 

 

ベビーパウダーとはそもそも何?主成分とその効果は?

ベビーパウダーの主成分は「タルク」。タルクとは、滑石という天然の鉱物を細かく粉砕した白色の粉体。「石」と聞くと硬いイメージがあるかもしれませんが、タルクはとても柔らかく滑らかな粉体成分です。

タルクは伸び広がりが良く、サラッとした感触が特徴で、ファンデーションやアイカラーなどのパウダー状のメイクアップ化粧品によく配合されます。マットタイプの口紅に、マットな質感を演出する成分として配合されることもあります。

 

 

 

べビーパウダーの形状は主に「粉」と「固形」の2種類

ベビーパウダーは粉タイプが主流となっています。ただ、使用中に粉が飛び散ってしまったり、容器から粉がこぼれてしまったり、持ち歩きに不便など使いづらい一面もあります。ただ、粉そのものなので処方がとてもシンプルなので安心して使うことができます。

一方、固形タイプであれば粉タイプのような使用性の悪さは改善されています。
ただ、粉体をギュッと固めるための成分が入っているので粉タイプに比べると油性成分など色々な成分が配合されています。もちろん、成分の数が多いから肌に悪い! という訳ではありません。どの製品でも安全に使えるよう、テストはされています。

商品選択の基準として

・使用性を重視するのか
・処方のシンプルさを重視するのか

のいずれかを重視するかで選ぶとよいでしょう。

 

 

べビーパウダーの注意点は?よくある疑問Q&A

Q.ベビーパウダーって毛穴に詰まるの?

A.前述のとおり、ベビーパウダーの主成分はタルクというメイクアップ化粧品によく配合されている成分。なので、ベビーパウダーだけが毛穴に詰まる、ということはありません。ただ、つけすぎはダマの原因になるので、つけすぎには注意しましょう。

 

Q.吸い込んでしまうと身体に悪いって本当?

A.吸い込んでしまうことはよくありません。ただ、ほんのわずかであれば、身体に悪影響を及ぼすことは考えにくいと思われます。パウダータイプのベビーパウダーには、注意表示として「吸い込むと呼吸障害をひきおこすことがあります」と記載されています。これは身体への悪影響というよりも、大量吸引してしまうことによる呼吸障害への注意喚起です。実際、ベビーパウダーが顔面にかかって吸引してしまったことで窒息したという事故例もあるそう。使用時には注意が必要です。

パウダータイプのベビーパウダーはすごく軽くて舞いやすいので、基本的にはパフやブラシなどで直接使うのではなく、指でとることをおすすめします。それでも、吸い込んでしまうことが心配であれば、固形タイプを選ぶといいですね。

 

 

メイクにも使えるって本当?ベビーパウダーの万能な使い道

化粧品に幅ひろく使われる「タルク」が主原料のベビーパウダー。実は、大人のメイクアイテムとしても万能に使えます。

 

1. 眉メイクを落ちにくくする!

朝、バッチリたっだはずの眉メイクが、夕方には落ちてしまっている……そんな悲しい経験をもつ女性は多いはず。

実は、眉は皮脂分泌が活発な部位。そして、意外と化粧下地やファンデーションなどがたまりがちな部位でもあります。そんな余分な油分こそ、眉メイクが落ちてしまう原因のひとつ。油分がのった状態で眉メイクをしてもすぐに取れてしまいます。それを防ぐためのひと手間が「ベビーパウダーで眉をサラサラに!」

ベースメイクの後、ごく少量のベビーパウダーを指にとり、眉にしっかりなじませましょう。それから眉メイクをすると驚くほどのラスティング効果が! これはタルクが余計な油分を吸収してくれ、表面をサラサラに整えてくれるため。特にこれからの時期は、暑さで汗や皮脂の分泌量が増えるので、このひと手間できれいな眉を持続させましょう。

 

 

2. リップメイクをマットに質感チェンジ!

マットなルージュを試してみたくても、モードすぎてなかなか試せない……、一本買っても使いきれないから買うのをためらっている……なんて人はいませんか?

そんな時にもお役立ちのベビーパウダー。いつものルージュを塗った後に、指でベビーパウダーをポンポンとなじませるだけで、マットに質感チェンジ! ツヤっぽいルージュでも、すりガラスのようなフロスティな質感に変化します。しかも嬉しいことに、タルクが皮膜となるため、ラスティング効果もアップ!

ただ、塗りすぎると乾燥感があったり、縦じわが目立ったりしてしまうので、つけすぎには気を付けてくださいね。

 

3. チークをつけすぎたときの救済アイテムに!

チークを塗っていてついつい塗りすぎた!というときはありませんか?またベースメイクからやり直さないと……なんて結構面倒くさいですよね。そんなとき、塗りすぎたチークの上からベビーパウダーをトントンと指でなじませると、色が薄まって肌になじませることができます。

もともとチーク自体にもタルクが配合されていることことが多いので、なじみ効果は抜群。また、パウダーファンデーションやフェイスパウダーなどで上からおさえるよりも、厚塗り感なく自然になじませることができます。

ドラッグストアやバラエティショップなどで、お手軽&お手頃に購入することができるベビーパウダー。ぜひ、活用術を試してみてください!

Leave a Response