Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/rubysasami/www/official/wp-content/plugins/ad-inserter/ad-inserter.php on line 4389

Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/rubysasami/www/official/wp-content/plugins/ad-inserter/ad-inserter.php on line 4396
あなたは皮下脂肪型肥満?内臓脂肪型肥満? | 健康美学館

肥満を脂肪の分布によって分類すると、大きく2つのタイプに分けられます。
それぞれ性質が違うため、解消方法も変わってきます。
ここでは、それぞれのタイプの違いと肥満の解消方法を紹介します。

2種類の肥満タイプ

皮下脂肪型肥満

皮膚の下部にある皮下組織に脂肪が蓄積するタイプの肥満で、 二の腕、お尻、太もも、下腹などに付きやすく、プロポーションのくずれの原因となります。 その体型から「洋ナシ型肥満」とも呼ばれ、特に女性の場合は授乳期のたくわえとして皮下脂肪がつきやすいという性質があります。さらに、一度ついてしまうとなかなか落ちにくいのも皮下脂肪の特徴です。

内臓脂肪型肥満

腹腔内の腸間膜などに、過剰に脂肪がつくタイプの肥満です。腰まわりが大きくなりやすく、その体型から「リンゴ型肥満」とも呼ばれます。血行のよい内臓や栄養の代謝に関係する臓器の周りにつくため、蓄積されるのが早いですが、分解されるのも早いため、比較的落としやすい脂肪とされています。
腸管などの内臓の周辺に脂肪が付くと、お腹(ウエスト)のあたりがポコッと出てきます。やせ型や普通体型の人でも、ウエストが太くなったら要注意です。これは、俗に「隠れ肥満」と呼ばれます。30歳以上の男性に多くみられ、生活習慣病に関係が深いタイプの脂肪です。

 

 

種類別に見る脂肪の減らし方

皮下脂肪の減らし方

分解されにくいという性質を持っていますが、皮膚のすぐ下にあるので、外からの刺激を加えやすい脂肪でもあります。マッサージなどで血行の促進を行い、適度な運動と食事制限をすることで徐々に効果が現れてきます。ジョギングなどの有酸素運動、筋トレなどの無酸素運動を組み合わせて行うと、より効果が期待できます。

内蔵脂肪の減らし方

運動や食事制限によって比較的簡単に落とすことができるとされています。体脂肪を直接エネルギーとして使う有酸素運動(ウォーキングやジョギングなど)を、積極的に行っていくとよいでしょう。また、食事面では、油と糖分、カロリーを抑えながら、タンパク質や食物繊維が多く含まれる食品を摂取することを心がけるとよいでしょう。

 

ダイエット中の方は自分の肥満タイプを知るのもよいですよ╰(*´︶`*)╯♡

Leave a Response