最近「○○オイルは美容にいい!」というフレーズをよく耳にしませんか。

現在日本は、空前のオイルブームです。

でも、いろいろな種類があって、どれを選んでいいか迷っちゃいますよね。
そこで今回は、美肌に効果があるとされているオイルとその効能を、まとめてお教えしちゃいます。

 

美容オイルの選び方とその効果

ホホバオイル

私は無印良品のホホバオイル愛用です


安定性が高いので酸化しにくく、防腐剤などの添加物を加えなくても長期保存が可能!初心者にもおすすめだと思います。
ホホバオイルには皮脂のバランスを調整してくれる作用があります。そのため、脂性肌でも乾燥肌でも適切な皮脂量が出るように調節してくれるんです。なので、どんな肌質の人でも使用できるのが魅力となります。

 

ホホバオイルの効果

1. 全ての肌質に合う
2. 肌に似た成分で浸透力が高い
3. 非常に高い保湿力
4. 皮膚を柔らかくする
5. 肌にハリと弾力をもたらす
6. セルライトや妊娠線を防ぐ
7. ニキビ・吹き出物を改善する
8. 皮膚炎・アトピーを改善する
9. 赤ちゃんのおむつかぶれやひび割れケア
10. シミ、しわ対策のアンチエイジング効果
11. 高いバリア機能で日焼け防止
12. 抜け毛など頭皮のトラブルに抜群
13. 髪を傷みから守る

 

 

アルガンオイル

モロッコでも決まった場所にしか生えないアルガンという植物から作られます。しかも100kgの実から1Lしか採れないという、とても貴重なオイルなんです。

 


アルガンオイルは天然のビタミンEを多く含み、オリーブオイルの2~3倍の量が入っています。またその他の抗酸化物質(ビタミン、ポリフェノールなど)もふくまれ、これらはすべてアンチエイジングに効果があります。

 

アルガンオイルの効果

1. アンチエイジング
2. 保湿作用
3. 肌を柔らかくするエモリエント効果
4. 肌細胞を活性化、ターンオーバーの正常化
5. 肌のキメを整える
6. 頭皮ケア、ヘアケアに最適

 

 

ココナッツオイル

ココナッツオイルには、食材として有名ですが、顔、身体、髪の美容にも効果的な成分を含んでいるんです。
注目成分としてラウリン酸という物質が含まれています。これは人の母乳にも含まれている成分で、高い抗菌作用で免疫力を強化してくれます。

 

ココナッツオイルの効果

1. 皮膚を柔らかくする
2. 紫外線をカットしながら日焼け出来るのでサンオイルとして
3. 免疫力アップ
4. コレステロールを下げる
5. 60%以上の中鎖脂肪酸でダイエットに効く
6. 髪の毛を乾燥から守る
7. 白髪防止・育毛効果

 

 

オリーブオイル

オリーブオイルには、ビタミンA、E、ポリフェノール、スクワラン、葉緑素など、美肌に効果的な成分がたくさん含まれています。オリーブオイルは食用としても多く出回っていますが、食用に精製されているので肌に使うのには向きません。混合物がない、質のいいものを購入することをおすすめします。

 

オリーブオイルの効果

1. 皮膚の炎症を緩和
2. マッサージで筋肉の傷みや疲れをとる
3. 皮膚軟化作用
4. 保湿力が高くメイク落としとしても
5. 頭皮のケアと白髪予防
6. ネイルケア

 

 

椿油

椿油の主成分はオレイン酸トリグリセリドというものです。これは人間の皮脂とほとんど同じものなんですよ。そのため非常に高い保湿力をもち、肌に優しく、自然に馴染んでくれます。

 

椿油の効果

1. 高い保湿作用
2. 肌を柔らかくする
3. 紫外線から保護、日焼け止め
4. ニキビを予防
5. 頭皮ケア、ヘアケア

 

 

アーモンドオイル

アーモンドオイルは、アロマテラピーでエッセンシャルオイルを希釈するためによく使われます。
ビタミン、ミネラル、オレイン酸、リノール酸がたっぷり含まれているため、皮膚を柔らかくしてくれる効果があり、そのおかげで化粧品の材料としてもよく使用されているんです。

 

アーモンドオイルの効果

1. エモリエント効果で乾燥肌を保湿
2. シミ対策
3. 日焼けした肌のケア
4. 皮膚の炎症を治す
5. 湿疹、乾燥の痒みを抑える
6. 皮膚の奥まで浸透
7. 低刺激なので肌が弱い人にも
オイルといっても種類によって含まれている成分や効果は変わってきます。また値段も、安価なものから驚くほど高価なものまでさまざまです。
まずはオイルを使う習慣を身につけるといいかもしれませんよ!!

 

 

美容オイルの使い方

 

1.毎日のスキンケアにプラス

化粧水、乳液、美容液などの毎日のスキンケアの一番最後に、1、2滴のオイルを塗るだけで、エイジングケアや保湿力を高める状態になります。
オイリー肌の方はオイルまで加えたらペタペタになりそうで怖いという人もいると思いますが、オイルを1滴使うだけでも過剰な皮脂を抑えられます。

 

2.化粧水の前のブースター

オイルをつけちゃうと化粧水は弾かれちゃうんじゃないの?って思うかもしれませんが、植物性の美容オイルは非常に馴染みやすく肌を柔らかくする効果があるので、その後の化粧水の浸透を高めてくれます。

 

3.化粧水、乳液、クリームなどにブレンド

普段使いの化粧品に1滴加えるだけで美容オイルの効果をプラスできます。リキッド、クリーム系のファンデーションに加えても良いですね。
昼間はオレイン酸豊富なホホバオイル、オリーブオイル、マカデミアナッツオイル、アボガドオイルなどを使って、夜は美白ケアでアルガンオイルを混ぜるなど肌質や目的に合わせて使い分けができます。

 

4.ボディケア、マッサージに使う

油汚れは油でないと落とせないとも言われますが、皮膚も同じで何もつけずにマッサージを行うよりも、オイルを皮膚から浸透させてマッサージしたほうが、体内の老廃物がより排泄されやすくなります。
使うタイミングとしては入浴時のお風呂場がおすすめです!オイルは乾燥した肌に塗ると表面に残りますが、入浴中は毛穴が開いて柔らかい状態なのでオイルがよく浸透するんです。少量で伸びるし肌への馴染みもずっと良いんですよ。

Leave a Response