歓送迎会シーズン!!そんなにおなかがすいていないのに、食べたり飲んだりして、次の日気分が悪くなる人も。
今回は、なぜおなかがすいてないのに食べたくなるのかその理由と対策を5つお伝えします。理由がわかれば対処も可能。無用な食べ過ぎを防ぎましょう。

 

おなかがすいていないのに、食べ物を口にしてしまう人は私だけではありません。もしかしたら全員そうかもしれません。というのも、物を食べる機会は、必要なカロリーを摂取するためだけではないからです。
食事をしながら家族とコミュニケーションする、赤ん坊ならお食い初めをする、おおせち料理の豆と昆布巻きは縁起物だから食べる、誕生祝いだからケーキを食べる、葬式だから精進料理を食べるなど、人はさまざまな文脈で食事をするので、つねに感情が伴っているのですね。
よって、この感情が混乱していると、必要以上に食べてしまうのではないかと思います。
そんな感情が混乱しているケースを4つ書きます。

 

 

1.癒やしを得たくて食べる

ストレス解消のために食べているなら、それは何らかの癒やしを求めての食事です。べつにおなかはすいていません。心が乾いています。
ところが、ストレス解消でスイーツを食べても、衝動買いと一緒で、喜びはそんなに長続きしません。それどころか、やはり買い物同様、直後に罪の意識を感じてしまいます。
買い物なら、余計なものが部屋にたまっても、断捨離すればスッキリします。ですが、余分なカロリーは脂肪になって、そう簡単には落とせません。
もし甘いものを食べ過ぎたら、お肌も荒れます。
積もり積もれば生活習慣病になります。
ストレス解消で食べるパターンは1番よくないので、別の方法で息抜きをしたほうがいいです。
疲れているときにおやつやスイーツを食べる人がいます。甘いものを食べると血糖値がアップ・ダウンしてかえって疲れますので、やめましょう。

 

2.ごほうびとして食べる

何かを達成したお祝いで食事に行くことってよくありますよね?会社でも、大きな取引が成立したとき、上司が「よし!きょうは祝杯だ。俺のおごりだ、何でも好きなもの頼め」なんて。
また、考えてみるとすごくおかしなことですが、ダイエットが順調に行っている自分へのごほうびとして、何かを食べる人がいます。
「太らないおやつ」と称して。「時々は食べないとストレスがたまって反動で食べちゃうから」と言いながら。
リバウンド防止としては、いい方法かもしれませんが、ダイエットのごほうびは食べ物にしないほうがいいと思います。
そもそも「太らないおやつ」なんてないと思うのですよね。砂糖が入ってないおやつの多くは、科学的に合成された人工甘味料が入っているわけですから、カロリーは低いとしても、絶対、肝臓に負担をかけていると思います。
そもそもダイエットする人って私を含め、太りやすい体質の持ち主が多いです。太らないおやつを食べても太りそうです。
「食べ物」をごほうびにする危険性はもう1つあります。

うまく行ったことに対して、ごほうびを設定すると、脳がそのごほうびを何度もほしくなるから、有効なのです。
そのごほうびが「物を食べること」だと、それこそ何度も何度も食べてしまうのです。つまり物を食べることを「ごほうび」にすると、習慣化されるということです。
自分が習慣化したくないことは、ごほうびに設定しないほうがいいです。
おやつを食べるのではなく、たとえば昼寝とか、いつも時間がなくて読めない本を1章だけ読むとか、iTunesから1曲だけ何かダウンロードするとか、からだに負担のかからないごほうびを設定したほうがいいのではないでしょうか。

 

3.目の前にあるから食べる

人は目の前に食べ物があると食べてしまいます。そこに理由はありません。単に目の前にあるから。
しかし、食べ物以外の物は食べようとはしません。目の前に鉛筆があっても誰もなめないでしょう。
脳は、以前食べたものと、それを食べたときの感情を覚えているので、何か食べ物が目に入ると、頭のなかでその思い出が蘇り(それは一瞬のことなので本人は気づいていません)またその体験をしたいと思うのです。
よって食べることに強い感情(ポジティブでもネガティブでも)が結びついていなければ、食べないと思います。
これを防止するのは簡単です。食べ物が目に入らないように、すべて棚の奥にしまい込めばいいのです。食べ物は台所以外の場所に置かず、用がなければ、台所に行かないようにします。
しまう場所がなかったら、なるべくアクセスしにくい場所に置きます。テーブルやカウンターの上ではなく、棚の高いところに置きましょう。
さらにメイソンジャーや猫びん(猫が丸まった形のガラスの容器。よくお店でキャンディーが入っている)にお菓子を入れず、不透明な、中身の見えない入れ物にしまいます。

 

 

4.退屈だから食べる

何もやることがないと、物を食べて時間をつぶしませんか?なんとなく口寂しくなってしまうのですよね。
手持ち無沙汰だから、台所にあるポテトチップスの袋をビリっと破って食べてしまいます。だから平日はそんなにおやつを食べない人も、週末になると、いきなり甘いものの摂取度があがったりします。
さらに、休みの日や会社の帰りにどこかに何か食べに行こう、と思うとき、ほかにやることもないし、時間をつぶすために、レジャーとして、という理由で行っているのなら、退屈だから食べていることにほかなりません。
食べることが1つの娯楽(エンターテイメント)になっているのです。
別の娯楽や趣味を見つけて、常にそこそこ忙しく暮らせば、娯楽のための食事を阻止できます。
退屈になったら、ほかの行動をしてみてください。
友だちに電話する、本を読む、手紙を書く(eメールではなく)、ぬりえをする、ブログを書く、ボランティア活動をする、掃除をする、断捨離をする、運動をする、犬の散歩をするなど「食べること」以外にも人生には、やることは山のようにあります。

 

自分が物を食べている理由に意識を向けると、無用な食べ過ぎを防ぐことができますよ。