便秘に悩まされている毎日は辛いですよね。何をしても治らなかった便秘に、コーヒーを試したことはありますか? コーヒーは、間違った飲み方をせず、正しく飲んでいくことで便秘に効果的だと言われています。ただし、コーヒーの便秘解消効果は体質によって効き方が異なるため、まずは適切な方法を正しく知ることが大切。
ここでは、コーヒーが便秘に効く理由やコーヒーの正しい飲み方・間違った飲み方についてご紹介していきます。

コーヒーが便秘に効く理由

コーヒーが便秘に効く理由は、コーヒーの主成分である「カフェイン」や、コーヒー豆から抽出される「コーヒーオリゴ糖」が腸内環境を整えてくれるためだと言われています。コーヒーに含まれるこれらの成分は腸内の働きを活発にし、便秘解消や体調の改善が期待できます。
また、カフェオレやカプチーノなどの乳製品を混ぜたコーヒーも、腸内環境を整えてくれる働きがあるのだそう。体質によっては、ブラックコーヒーよりも高い便秘解消効果を発揮できる場合があります。
以下では、便秘に効く2つの成分について、詳しく見ていきましょう。

 

カフェイン

眠気覚ましで知られるカフェインは、脳の活性化だけでなく胃や腸の働きを活発にさせる効果を持ち、ぜん動効果(便を直腸まで移動させる収縮運動)を促すことが可能です。また、カフェインはアルカロイドの仲間で覚醒作用があり、交感神経を刺激することができます。交感神経が活発になると便秘改善だけでなく血管拡張による脂肪燃焼や胃酸の分泌促進を期待でき、体調の改善につながります。

 

コーヒーオリゴ糖

コーヒーオリゴ糖は、腸内環境を健康にする善玉菌を増やす働きがあり、便秘解消と密接な関わりを持つ成分です。また、コーヒーオリゴ糖は通常のオリゴ糖とは異なり、小腸で吸収されることなく直接大腸まで届きます。このことから、コーヒーオリゴ糖は高い便秘改善効果が認められています。さらに、コーヒーオリゴ糖は脂肪の吸収も抑えるため、ダイエット中でも嬉しい成分です。

 

 

便秘解消のための正しいコーヒーの飲み方

コーヒーで便秘を解消していくには、「タイミング」「1日に飲む杯数」「砂糖の種類」を意識することが大切です。

 

タイミングは「朝」がおすすめ

朝にコーヒーを飲むと1日のスタートから腸内環境を改善しやすく、排便の周期が自然なリズムに整います。朝の1杯以降は、ランチやティータイムなど一息つけるタイミングで飲みましょう。

 

1日に飲む杯数は「3杯」まで

1日に飲むコーヒーを3杯までに抑えることでカフェインの多量摂取を避け、腸内に負担をかけにくくできます。カフェインが体質に合わない方の場合は、アメリカンコーヒーやカフェオレで飲むのがおすすめです。

 

砂糖を入れるなら「オリゴ糖」がおすすめ

砂糖を入れて飲む方の場合、体を冷やしやすい上白糖よりもオリゴ糖を使うことがおすすめです。オリゴ糖は腸内の善玉菌の働きを活発にさせるため、腸のぜん動運動を高められます。
便秘解消を目的としてコーヒー習慣を始めたら、朝の1杯を含めて毎日2~3杯を飲み、砂糖を入れるなら上白糖の代わりにオリゴ糖を使用するよう心がけましょう。普段の飲み物をコーヒーに変えることで、便秘の改善が見込めます。また、ホットコーヒーとアイスコーヒーはどちらでも問題ないので、好きなほうを選びましょう。

 

こんな飲み方はNG!間違ったコーヒーの飲み方

間違った飲み方でコーヒーを摂取し続けると腸に負担をかけやすく、腸の機能低下から体調不良を招きやすくなります。コーヒー習慣を始める場合は、以下のような間違った飲み方に注意しましょう。

 

多量摂取

コーヒーには利尿作用が含まれているため、多量摂取することで体から水分が失われやすくなります。とくに、排尿頻度が増えると便の水分が失われてしまうことから便秘になりやすく、コーヒーが便秘を招いてしまっては本末転倒です。
さらに、コーヒーには胃腸の働きを抑える効果を持つ「クロロゲン酸」が含まれています。多量摂取によりクロロゲン酸を多く摂取すると、弛緩性便秘を引き起こす可能性があります。

 

空腹の状態での摂取

空腹時にコーヒーを飲むとたんぱく質の不消化を引き起こしやすく、胃に不快感が出る場合があります。胃腸への負担が大きくなると便秘以外のトラブルを招いてしまう危険もあるため、不快感が強い方は食事後に飲むのがおすすめです。
このように、コーヒーは正しい飲み方でないと便秘改善どころか逆効果になりかねません。正しい飲み方でコーヒータイムを楽しんで、便秘のない毎日を目指しましょう。