健康によいと評判の飲み物にデトックスウォーターがあります。その人気は世界規模に達しており、ハリウッドのセレブも注目しているといわれるほどです。しかし、その反面、名前は聞いたことがあっても、それが具体的にどういったものなのかをよく知らないという人も多いのではないでしょうか。また、本当に健康によいのかといった点も気になるところです。そこで、デトックスウォーターに興味があるという人のために、その作り方や実際の効果、あるいは注意すべき点などについて解説をしていきます。

デトックスウォーターに関する基礎知識

デトックスウォーターといえば健康的な飲み物として有名です。しかし、中にはイメージだけが先行し、誤った知識を持っている人もいるかもしれません。そういったことがないかを確認する意味でも、まずはデトックスウォーターがどういったもので、どのような効果が期待できるのかといった基礎知識について紹介をしていきます。

 

 

デトックスウォーターとは

人間が健康を維持するためには水分補給が欠かせません。夏場は特にそうです。しかし、水だけを飲み続けていると、どうしても飽きてしまいます。だからといって、市販のジュースは糖分が多すぎますし、コーヒーやお茶にはカフェインが含まれています。いずれも、摂取しすぎると体によくありません。そこで、より健康的に水分補給をするために考え出されたのがデトックスウォーターというわけです。最初は海外で飲まれていたものが輸入され、日本でも人気が高まってきています。具体的にどのような飲み物かというと、水・ミネラルウォーター・炭酸水をベースとして、そこに野菜・果物・ハーブを入れて漬けたものです。
デトックスウォーターには香りや味がついていて水より飲みやすいという利点があります。また、水に漬ける食材によって香りや味が変化するので飽きにくいというのも魅力です。そして、体内の老廃物を排出するデトックス効果が期待できる飲み物であるため、ダイエット法などにも積極的に取り入れられているのです。
デトックスウォーターに期待される主な効果 健康によいとされているデトックスウォーターですが、それだけでは漠然としすぎています。定期的に飲み続けるのであれば、もっと具体的な情報を得たいところです。ここではデトックスウォーターに期待される主な効果について紹介をしていきます。

 

 

美肌

果実や野菜はむくみや美肌に対する効果が期待できる食材です。なぜなら、抗酸化作用があるカリウムやビタミンEが豊富に含まれているからです。ところが、それらの栄養成分は水溶性であるため、その多くが調理中に失われてしまいます。一方、デトックスウォーターは水に溶けたカリウムやビタミンCをそのまま飲むので、効率よく栄養摂取できるとされているのです。つまり、生活にデトックスウォーターを取り入れれば、普通に食事をするだけの場合と比べ、より大きな美肌効果が期待できるということになります。

 

疲労回復

昔から疲労回復によいとされている成分にクエン酸があります。そして、クエン酸が多く含まれている食品として、まず挙げられるのがオレンジやみかんといった柑橘類です。また、梅干しやキウイ、イチゴといった食品もクエン酸が豊富なことで知られています。ちなみに、一般的な食材で最もクエン酸の含有量が多いのはレモンです。したがって、それらを材料にして作ったデトックスウォーターを疲れたときに飲めば、かなりの疲労回復効果が期待できるということになります。

 

アンチエイジング

野菜や果実には抗酸化作用があり、老化防止に有効だとされています。ただ、やはり調理中にその成分の多くは失われてしまいます。そこで、抗酸化作用の成分をダイレクトに摂取できるデトックスウォーターに注目が集まるようになったわけです。その中でも、アンチエイジングの効果が特に期待できるものとしては、キウイやブドウを使ったデトックスウォーターが挙げられます。なぜなら、キウイにはビタミンEが、ブドウにはポリフェノールがそれどれ豊富に含まれており、いずれも抗酸化作用の強い成分として知られているからです。

 

 

夏バテ

美容と健康によい食材として注目を集めているものにゴジベリーがあります。これはクコの実ともいい、杏仁豆腐の上によく乗っている赤い小さな実です。ゴジベリーには疲労回復効果も期待できるので、夏バテ防止にはもってこいです。ただ、体を冷やす作用が強すぎるため、ゴジベリーだけを大量に食べるとお腹を壊すおそれがあります。それを防ぐには、ゴジベリーの他に、カリウムやビタミンC、クエン酸などを含む食材を組み合わせたデトックスウォーターを作るのがよいでしょう。そうすれば、ゴジベリーだけを摂取しすぎることもありませんし、他の成分との相互作用によってさらなる夏バテ防止効果が期待できます。

 

 

人気のデトックスウォーターレシピ!ジャンル別

デトックスウォーターと一言でいっても、その種類はさまざまです。レシピも数え切れないほど存在します。そこで、実際に作る際の参考になるように、果実・野菜・ハーブの3つのジャンルの中から、それぞれ人気のデトックスウォーターレシピを紹介していきます。

 

果物

果実でデトックスウォーターを作る際には、5mm程度にスライスしてミネラルウォーターや炭酸水に漬けるのが基本です。果実の種類はお好みで選べばよいのですが、一般的に人気が高いのがキウイ、リンゴ、レモン、オレンジなどです。また、複数の果実を一度に漬けるといった手もあります。たとえば、ブルーベリー、ラズベリー、オレンジ、イチゴとミネラルウォーターといった組み合わせです。いずれにしても、漬けたあとは冷蔵庫で3時間ほど冷やせば完成です。ただし、グレープフルーツに関しては長くつけると苦みがでてきます。そのため、漬ける時間は2時間ほどにとどめておくのがよいでしょう。

 

 

野菜

野菜にはさまざまな種類があります。その中でも、美容や健康に高い効果が期待できるのは、水に溶ける水溶性の栄養素を多く含んでいるものです。たとえば、キュウリやパセリ、シソ、ショウガといったものが挙げられます。ただ、野菜だけのデトックスウォーターは青臭くて飲みにくい傾向があります。そのため、果実とミックスさせるレシピが人気です。たとえば、キュウリ、キウイ、ローズマリーを炭酸水に漬けて1晩置くといったものです。そうすることで、キウイの甘みが青臭さを緩和し、格段に飲みやすくなります。

 

 

ハーブ

爽やかな香りが特徴のハーブもデトックスウォーターによく用いられる材料の1つです。特に人気の高いハーブとしては、ミントやローズマリーなどがあります。そのままハーブだけを漬けても大丈夫ですが、果実と組み合わせるとより飲みやすくなります。たとえば、容器の中にパイナップルの芯とローズマリーやミントなどのハーブを入れ、そこに水を加えて一晩置いておくのです。そうすることで、ほんのりとした甘さが感じられるすっきり味のデトックスウォーターを作ることができます。

 

 

デトックスウォーターには注意点もある!?

デトックスウォーターがいくら高い注目を集めているといっても、万能というわけではありません。期待できる効果には限界がありますし、逆効果にならないように注意すべき点もあります。そこで、具体的にどういった点に気を付ければよいかを順番に説明していきます。

 

過大な期待をしない

デトックスウォーターは体から毒素を出したり、不純物を排出したりする効果があるといわれています。そのため、美肌効果やむくみの改善などが期待されています。ところが、それらに関する科学的な裏付けはまだされていないのです。有効性を証明する論文が発表されていないため、効果があるかもしれないし、ないかもしれないというのが実際のところです。したがって、デトックスウォーターを摂取する際には期待をしすぎないことが大切になってきます。

 

農薬に注意する

果実や野菜には農薬が残っている可能性があります。そして、材料を皮ごと使うデトックスウォーターを飲むと、農薬の悪影響をダイレクトに受ける恐れがあるのです。そのため、できれば無農薬のものを使用するのが理想です。それが難しい場合はよく洗ってから使うことを心がけましょう。また、輸入品などは残留農薬が多いのではないかと不安に感じてしまう人もいます。もし、どうしても心配という場合は、皮をむいてから使うことをおすすめします。

 

保存に気をつける

デトックスウォーターを市販のジュースと同じようなものだと考え、長時間保存する人がいます。しかし、衛生面から考えると、必ず冷蔵庫で保管し、1日で飲み切るのが賢明です。なぜなら、デトックスウォーターには栄養素がたっぷり溶け込んでおり、菌が繁殖しやすい状態になっているからです。うっかり古いデトックスウォーターを飲むと、食中毒になって何日も入院するといったことにもなりかねません。特に、爆発的に菌が増殖するおそれのある夏の期間は、一層の注意が必要です。

 

 

レシピを変えて楽しもう!デトックスウォーターを取り入れた生活

デトックスウォーターには材料を替えることで味や香りの変化を楽しめるという魅力があります。その結果、飽きずに水分補給ができるというのが大きなメリットです。水分補給は健康を維持するための基本ですが、ついついおろそかにしてしまいがちです。その点、デトックスウォーターがあれば、レシピを変えながら水分補給をするのが楽しみになってきます。健康的な毎日を送るためにも、生活の中にデトックスウォーターを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Leave a Response