皆さんは「夫源病」という言葉を耳にしたことがありますか?これは夫の何気ない言動に対する不満がストレスとなって溜まり、妻の体や心にさまざまな症状を引き起こす病気のことです。
いったい夫のどんな言動が妻の健康をおびやかし、病を発症するほどの悪影響を与えてしまうのでしょうか。「夫源病」について詳しく知り、予防・改善に向けて健やかなる一歩を踏み出しましょう。

 

夫源病とは

夫源病とは読んで字のごとく、夫が源(原因)となって、妻の体や心が不調になる病気です。医学的な病名ではなく、石蔵文信・大阪樟蔭女子大学教授が、男性更年期外来で中高年の夫婦の患者さんを診察する中で気付き、命名しました。
夫源病は夫の何気ない言動に対する不満、あるいは夫の存在そのものが強いストレスとなって、自律神経やホルモンのバランスを崩し、妻の心身にめまい、動悸、頭痛、不眠といった症状が現れます。症状だけを見れば、40~60代に起こりやすい不定愁訴である更年期障害にも似ています。このことから、従来は「更年期障害」とされてきた中年女性の体調不良の原因の多くは、実は夫にあるのではないかとの見方もあります。
夫源病は必ずしも更年期の女性だけに見られる症状ではなく、3,40代の若い世代や60代の女性にも多く見られます。つまり、夫(パートナー)を持つ女性なら、誰でも夫源病にかかる可能性があるのです。

 

これが夫源病のサイン

夫源病の具体的なケース
このような症状は思い当たりませんか?
• とにかく夫が家にいる週末は頭痛。平日も夕方からイライラする
• 夫に急に怒鳴られたのを機に動悸が始まり、唾が飲みこみにくくなった
• めまいに悩んでいたが、夫が長期出張に出たら治った
• 夫の身勝手な発言を聞くと、顔ののぼせやほてりが起こる
出張などで夫が不在のときには症状が出ない(軽くなる)、夫の言動によってその症状が重くなる、などの因果関係に心当たりがある場合は、夫源病の疑いが濃厚です。

 

医師からこんな病名を宣告されたら「夫源病」を疑え!

• 本態性高血圧症(原因が特定できない高血圧)
• 突発性頭痛、突発性難聴
• メニエール病(めまい、耳鳴り、難聴を伴う原因不明の病気)の疑い
• うつ病
上に挙げた病気の多くは、はっきりとした原因がわかっていないものです。これらの病気と診断され、通常の治療を続けてもなかなか症状が改善されない場合は、一度夫源病を疑ってみましょう。

 

妻のストレス源になりやすい“夫”とは
あなたの家庭は大丈夫?夫源病危険度チェック

チェックシートで確認してみましょう。
(夫の場合は、自分自身の妻に対する言動を冷静に振り返ってチェックしてみてください)

①人前では愛想がいいが、家では不機嫌

②上から目線で話をする

③家事に手は出さない(手伝わない)が口は出す

④妻や子どもを養ってきたという自負が強い

⑤「ありがとう」「ごめんなさい」のセリフはほとんどない

⑥妻の予定や行動をよくチェックする

⑦仕事関係以外の交友や趣味が少ない

⑧妻が1人で外出するのを嫌がる

⑨家事の手伝いや子育てを自慢する自称「いい夫」

⑩車のハンドルを握ると性格が一変する

4個以下:セーフ
今のところ夫源病の心配は少なそう。時には喧嘩をしてガス抜きすることも大切です。
5~7個:夫源病予備軍
このままでは徐々に夫への不満が溜まり、夫源病になる可能性あり。夫の意識改革が必要です。
8個以上:明らかに夫源病
夫の存在そのものがストレスとなり、すでに心身に不調が現れているかも。早急な対策が必要です!

 

こんなタイプの“妻”が夫源病になりやすい

妻の側にも夫源病になりやすいタイプというのがあります。次の項目に当てはまるものが多い女性は、注意が必要です。
• 我慢強くてあまり弱音を吐かない
• 几帳面で責任感が強く、仕事や家事に手が抜けない
• 感情を表に出すのが苦手で、人前で怒ったり泣いたりできない
• 人に意見するのが苦手で、理不尽なことを言われても反論できない
• 「いい妻」「いい母親」でありたいという意識が強い
• 外面や世間体が気になる
• 細かいことをクヨクヨと気に病む性格だ

 

上記に当てはまるタイプの人は、ストレスを抱え込んでしまいがちです。
いわゆる良妻賢母タイプの妻は「これくらいのことは、我慢しなければ…」「夫に従うのは妻として当然の務め」などの思いから、夫に対する不満を自ら否定して、知らず知らずのうちに大きなストレスをため込んでしまっていることも少なくありません。
また、「いい妻」「いい母親」でありたいという意識が高過ぎる人は、夫や子どもに対しても時に「いい夫」「いい子ども」であってもらいたいと過大に期待する傾向にあり、それが満たされないことがかえって自分自身のストレスとなる場合もあります。